染織展 2017.06.21 新着情報

 

『喜如嘉の芭蕉布』

沖縄本島の北部にある大宜味村で、実芭蕉(バナナ)の仲間である糸芭蕉の繊維を糸にして作られる織物です。

沖縄の染織品の中でも古く、十三世紀頃から織られていたといわれます。

沖縄独特の絣や花織などが使用されています。