銀座店 2013.01

「紬着尺と紅型名古屋帯」

春が待ち遠しい。
“藍”それは日本人の色。
中西桂秀氏の小石丸の繭を極細糸にして織り成した逸品。
この上なく軽くて着易いのがたまらない。

■紬着尺

>>柄アップ

春の予感。
知念貞男氏の筒描の紅型染帯。
上品な濃淡風の染め上がりが気品漂う。
紬でも、小紋でも、色合いがはまります。 

■紅型名古屋帯〔知念貞男作〕

 

楽しさの表現は水玉柄。
リズミカルな小紋は遊び心をそそります。
銀座散歩にでかけましょう。
長コートに仕立てても絵になりますね。 

■小紋着尺


>>柄アップ

上 ■帯留[瓢]
素材:珊瑚

下 ■帯留[無病息災]
素材:珊瑚

■三分紐
色:上 白系

  下 サーモンピンク

■当ホームページでご紹介した品物は、お買い上げいただくことが可能です。 必ずこちらをお読みください。