銀座店 2013.11

「紬地江戸小紋着尺」と「板締め絣九寸名古屋帯」

江戸小紋とは、武士の裃や式服の染色法として、型紙を用いて精緻な文様を染める高度な技法で作られた小紋です。
今回は、帯合わせがしやすい紬地に赤色を使用した「赤毛万筋」の珍しい着尺を紹介いたします。
他に、藍田正雄氏は一般的な染織に加え、自ら生み出した板引き杢という木目を思わせる「深山染め」技法も秀逸です。

■紬地江戸小紋着尺〔日本工芸会正会員 藍田正雄作〕[毛万筋]
※価格はお問い合わせください。

>>柄アップ
言わずと知れた池田リサ氏の名古屋帯を紹介します。
色のグラデーションの美しさや、作者独特の板締め絣と言われる、ぼかしが絶妙な織の逸品です。
生地糸にもこだわり、独自の糸処理をして織り上げた作品は、心地よい肌さわりで締めると、都会的で優雅な気分になることでしょう。

■九寸名古屋帯〔国画会正会員 池田リサ作〕[板締め絣]
※価格はお問い合わせください。
>>柄アップ

■当ホームページでご紹介した品物は、お買い上げいただくことが可能です。 必ずこちらをお読みください。